クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2013年・鳥類臨床研究会大会参加・その2

工藤です!

先の連休中、東京で開催されました第17回鳥類臨床研究会大会に当院獣医師もみんなで参加してまいりました!

犬猫に比べ、まだまだ少ない鳥を専門的に扱っている獣医さんが一堂に会する貴重な場で、今回もたくさんの情報交換をしてきましたので、ご紹介いたします

今年の大会では、重金属中毒や卵詰まりなどの身近なものから、びっくり小鳥の肝生検まで、実に様々な報告がなされました。

なかでもヒインコ科の鳥で高尿酸血症が多く発生しており、フードが原因では?といったセンセーショナルな報告や、酪農学園大学の浅川教授による野鳥の感染症・寄生虫病などの報告は大注目で、今年も実に盛りだくさんの内容となっておりました!
参加して、本当に良かったです

また鳥類臨床研究会初の試みとなるウエットラボでは、マクロラブダス(メガバクテリア)をあまり見たことがない獣医師のために、実際に生の標本を使って菌を探す実習も行いました。私も指導係として参加したのですが、やはり普段から見慣れておくことが重要だなあと実感いたしました


pp1017.jpg



そういえば、ウエットラボのリーダー・牧野先生が、今年の6月に神奈川県藤沢市で専門病院を開業されたんですよ!藤沢方面の飼い主様、これで安心ですね

・・・ふじさわアビアン・クリニック・・・
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上2-1-13ACEビルⅠ201号
0466-50-6362 (予約制・火曜休診)
*電話に出られないこともありますが留守電にいれていただければ、折り返してお電話します…とのことでした



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。