クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ありがとうございました&食べるクラリス

こんにちは、野口です。

少し前の話になりますが、石巻の動物救護センターが役目を終えて閉鎖されました。
石巻市ではすべての仮設住居が完成し、大部分のワンちゃんネコちゃんが飼い主様の元へ戻ることができたそうです。事情などにより飼い主様の元に戻れないコは近隣の動物病院で保護されるとのことでした。
病院で皆様から頂いている寄付金は、一番最初はこの救護センターにも資金が届く団体に送金させて頂きました。被災した動物が無事に飼い主様の元に戻ることができたのは、寄付を下さった皆様のおかげです。ありがとうございました。
寄付金の為の箱はまだ病院に置かせて頂いております。そちらは岡から時々ご報告させて頂いております通り、福島で活動している動物病院に届くように送金をしております。先日ニュースになっていましたが、福島県ではやっとボランティア団体が動物を救護する認可が行政側から下りたばかりで、おそらくまだまだ被災動物収容は続いていくと予想されます。東北にいる獣医師の仲間も、「時々新しく保護された動物が病院に運ばれてくる」と話しています。長い道のりになりそうですね・・・

まじめな話が終わったところで、クラリスちゃんの話題です。
病院の愛鳥クラリスちゃんはマメルリハインコという、インコ類最小の鳥さんです。
羽毛があちこち抜けてはいますがとてもかわいらしく、動きが素早くてなかなか写真を撮ることができないのが悩みの種でした。
そんなクラリスちゃんの写真を取る方法を発見!!
彼女は発情抑制を目的に年中ダイエットをしているため、ご飯中を狙うと写真が撮れるのでした。
それでも頭がよくブレてしまうのですが。
DSCN2511.jpg食べ始めるまでは結構キケンですが、食べ始めるとこの通りです。
DSCN2512.jpgそしておしりはこの通りツルツル元気でいてくれればそれでいいのです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。