クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋は抜け羽の季節・・・

秋は抜け羽の季節ですね。


インコ類は比較的季節感のない鳥ですが、やはりこの時期は、抜け羽が多くなります。
同じ環境で飼育されているから、たいてい同じお家のコは、同じようなタイミングで換羽がやってきます。


 


本日、ヨウムのヨウちゃんをひざに乗せて頭をカキカキしていたところ、あまりの筆羽*の多さにびっくり。
あっちを触っても、こっちを触ってもツンツンでした!
ヨウちゃんが痛いと思うので、できるだけ触らぬよう、逆毛だてぬよう注意して頭をかいてあげるのですが、それでもちくちく触ってしまいます。
しかしヨウちゃんはとってもいい鳥なので、絶対怒ったりなんてしません。
ちょっとピクッと体を動かすことはありますが^^;じっと我慢して頭を出しつづけくれます。
「あっ、ごめん・・」と飼い主も心の中で謝りながら、そしらぬふりして作業を続けてしまいました。



しかし!

そうは問屋がおろさないのが、モモイロインコのコウメちゃんです。
同じく頭をなでていたら、ツンツンの筆羽にタッチ。
コウメちゃんの頭の羽毛は長いので、筆羽も結構な長さがあります。
ちょっと羽鞘をほぐしてあげたくなって、やめればいいのに飼い主も、余計なお世話でコウメちゃんの頭の筆羽を、指でこりこりやっていたら・・・


ガブッ!


やっぱり噛まれてしまいました。


 


 


*筆羽:新生羽。羽が抜けると、同じ毛穴から新しい羽毛が生えてきます。最初は羽鞘という薄い膜に包まれた、ストロー状の細長い状態で伸びてきて、伸び切ったところで羽鞘を落とすと、中からきれいな羽が現れます。羽鞘はくちばしなどでお手入れをすると、簡単にぽろぽろとフケのようになって落ちていきます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。