クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

THE・皮下気腫

皆さん、お久ジブリです。小鳥のクリニック黒一点です。ジブリはやっぱりラピュタですよね。
 

我が家のオカメの近況についてご報告させて頂きます。

嬉しいことに患者さまから
「オカメちゃん元気??」
なんて声をかけて頂いたりします。
その時、僕は決まってこう言うんです。

「いいえ!!」
 
そう。我が家のオカメは元気ではありません。元気は元気だけど健康ではないというか、、そもそも健康って何だ??ご飯食べてれば健康か??いや違うなぁ、、と答えのない問答に達してしまいそうなので考えるのを諦める23歳独身。

 
我が家のオカメは「皮下気腫」になりました。
皮下気腫というのは体の中にある「気嚢」の壁が破けて皮の下に空気がたまる症状のことです。

とくとご覧あれ!!これが皮下気腫さ!!
027_convert_20110726190533.jpgドーーーン!!

THE・鳩胸!!強そうでしょ??トゥースとか言ってればいい。
これ全部空気で膨らんでるだけです。決して筋肉ではありません。

本人は普通に食欲あり、元気もありなんですが羽づくろいは非常にしにくそうにしています。

オカメの皮膚に針を刺して空気を抜き、飼い主も口から大きな空気を吐き出す毎日でございます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。