クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳥類臨床セミナー

工藤です!

去る2月20日、吉田獣医師と一緒に

(スミマセン、野口獣医師はお留守番です^^;)

鳥類臨床研究会のセミナーに行ってまいりました!



当日は鳥の診察を行っている獣医さんたちが

たくさん参加しており、関心の高さがうかがえました


セミナーでは、横浜小鳥の病院の海老沢先生が

鳥さんが吐いているときの鑑別診断を

フローチャートで分かりやすく説明してくれました。

また、小鳥の病院BIRD HOUSE・CBLの眞田先生とリトルバードの小嶋先生が

遺伝子検査を行う際、どの検体(検査材料)を用いたらいいかや、

鳥種別・感染症チェックのおススメ度なども紹介してくださり、

とても参考になりました


特に遺伝子検査は高価な検査ではありますが、

鳥さんにとって怖い感染症がたくさんありますので

やっぱり予算が許す限り、受けてほしいなと改めて思いました。


いまどき犬猫では、ワクチン接種やウイルス病検査は当たり前ですものね!

鳥さんにもそんな当たり前が、早く訪れますように


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。