クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

文鳥な日々~その21~

岡です

札幌はやっと春めいた陽射しを少し感じられるようになってきました。
…今朝は又真っ白になっていましたが
天候の変化にまだ気が抜けませんね…


先日、ちび豆の爪きりをしました。今日はその時の様子をご覧頂こうと思います。

まずは、爪を切る為のハサミと止血道具の準備です。
2010_0119画像0051
爪きりは基本的に爪が切る事が出来れば、何でも構いません。
鳥さんに合った道具をお使いいただくとよろしいと思います。
お家で爪きりを行う場合には、必ず止血の準備をしてから始めます。
準備してあると、いざという時に慌てずに対応できて安心です
止血には止血剤を利用したり、お線香などの熱で止血する方法などがあります。
我が家では、止血剤とお線香の両方を準備します。

では爪きり開始。
普段聞かない声を出して嫌がります。
2010_0119画像0054
かわいそう~・・・辛いですが、そこはグッとこらえて…作業を続けます
爪切り終了。
2010_0314画像0001
放心状態。。。

終了後。ここからが飼い主としての頑張りどころです。
好物をあげたり、水浴びをさせたり、と、せっせと奉仕します。
嫌われまいと必死です…この時のちび豆の態度を見るのが私は何よりも怖いです
今回も何とか嫌われずにすんだようです…が、爪きりの度に毎回ハラハラドキドキしています
爪きりは、信頼関係にひびが入る可能性がありますので、ご自分で爪きりをなさる際にはご注意いただきたいと思います。
ご自宅で爪きりをしてみたいけどやり方が分からない。鳥さんに嫌われたくないので爪きりをしてほしい。など、お気軽にご相談くださいね

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。