クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳥の性格

工藤です!

先日、吉田獣医師がとっても可愛いコザクラインコの写真を持っていました。
頭の赤い部分の後ろが黄色くなり、その後ろは緑色…つまり斑(パイド)模様の鳥さんでした☆

早速みんなで「なんていう品種だろうね~?」と、「ずらりコザクラインコたちポスター」をチェック!
でも残念ながら、それらしき品種は掲載されておりませんでした。


次に話題になったのが、コザクラインコの性格について。
コザクラインコって、小さいのに人間ぽくて、いろいろ考えて行動します。
例えばいたずらする時も、飼い主さんの顔色をうかがいながら、
見つかったらバツが悪そうにその場を離れ・・・。
飼い主様から、いろいろ楽しいお話を伺います^^

そんな中、少々診察にてこずるコがいるのも事実です。
野口獣医師いわく、「コザクラインコは性格がいい子が8割、ガブ子が2割」・・・う~ん、言えてるカモ。
そして「ボタンインコは性格がいい子が3割、ガブ子が7割」・・・う~ん、またまた言えてるカモ。
そしてそして、「オカメインコのオスは性格がいい子が9割、ガブ子が1割」・・・う~ん、全くその通り~


これらは、日常クリニックで鳥さんを診察していて、感じることです^^;
それぞれのお家のコに関しては、あくまでも飼い主様の感じ方しだいだと思います^^;;;

なぜなら、早速家に帰って家人にこのことを話し「うちのボタンインコたちは、2羽とも性格がいい3割に入って良かったね~」と話したところ、「1羽は違う」と否定されたからです。


ee 005
↑否定されたボタンインコ・リンドウちゃん

何はともあれ、飼っていればどのコもとっても可愛いですよね

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。