クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高齢の鳥さん

工藤です!

セキセイインコのウルちゃん(推定年齢9歳くらい)を眺めながら、お年寄りの鳥さんのケアをしていて思うこと。

まず第一に、全体的に体力が落ちているなあと痛切に感じます。
特に持病のあるコでは、それが顕著に現れたりします。
たとえば、副鼻腔炎を患っている鳥さんなら、いつも鼻がズルズルしたりとか

あと、全体的な雰囲気も老鳥風になってきます。
羽のつやがなくなったり、新生羽がなかなか減らなかったり、白髪(色の変わった羽)が生えてきたり・・・。

病気というわけではありませんが、いつも寝ていて、足腰も弱くなってきます。
ちょっと寒い日があったりすると、すぐに体調を崩してしまうコも多いです。

コレ」といった病気がない場合、ひたすら適切な介護をすることで(基本は温度と食べ物)元に戻ることが多いのですが、お家で体重をキープできなくなると、入院  となってしまうことも。

本当に、人間と全く一緒なんだな~と思います。


cc 049
 ウルちゃん、持病の毛引き症?!
 いえいえ、これは悪い癖です^^;

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。