クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アスペルギルス疑惑・3

 アスペルギルス症疑惑のコ3日目。

 もうすっかり良くなって、見た目には全く正常です。うまく飛べないのは、相変わらずですが・・。でもここで安心してはいけません!安心できるのは、検査の結果で異常なしがでてから。呼吸器病の場合、直接命にかかわってくるし、急変することもありますので。ちょっと痛いけど我慢して、引き続き注射を受けてもらうことにしました。

 アスペルギルスの遺伝子検査は、千葉県にある小鳥の病院バードハウス(あの有名な真田直子先生の病院!)の付属検査機関、コンパニオンバードラボラトリー(CBL)にて行われます。「鳥も日常的に遺伝子検査ができるようになったのねっ!」と、ちょっと感動しませんか?もちろんその分費用はしっかりかかりますが、人間でも医療検査って本当はかなりの高額なので、そう考えると動物は同じ手技でも割安だなあと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。