クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シロップ近況報告

 シロップちゃん元気ですか?」と飼い主様から声をかけていただいている幸せもののシロップ
  
 元気にしていますヨ! 

 朝、掛けてある覆いを取ると ぷっぷちっちはお決まりの止まり木にじっとしていて、そこから朝の羽づくろい、朝ごはんと続くのですが、シロップは暗がりの中、すでに朝ごはんを済ませた形跡が!
1羽でぷっち以上に食べ、出しています。まさに快食快便! これで羽毛を抜かなきゃね なのです。
  
 クリニックからお迎えし、広い新居にお引越し(手乗りさん用ケージです!)。     
  シロップはカイセン症の後遺症で爪が欠損、変形しています。だから止まり木にうまく止まれず落っこちてしまうので、ぴょんと飛び移ることがこわくて出来ず、移動はケージの壁をつたってよじ登り、すべり降りていました。大きいケージでそれは大変そう。そこで毛引きの気をそらすために取り付けた 「かじり木コーン」(以前工藤院長がこのブログで紹介)を M S あわせて5個増設。その他 伸縮粘着包帯を巻いて滑らないようにした丸や平らの止まり木を5本設置。ジャンプしなくてもほとんど歩いて(?)移動できるようにしてみました。
  かじり木コーンは乗っかっているのにも安心感があるようだし、かじかじもできて正解でした。天井にぶら下がってかじかじと言う芸当も披露しています。
   
 菜っ葉イーターのお隣さんに影響されて、今まであんまりだった野菜も食べるようになりました
   
 気長に 「いつかふさふさ」を目指そうね、シロップ

 隣人ぷっぷが最近 誰に をささやいてるの? 状態。このあいだ放鳥したら 自宅に帰らずシロップ宅に入ろうとしてました。
   
 これからどうなるんでしょう?  シロップふさふさ なら それもあり?

200805071958000.jpg
「心配してくれて ありがとう!」シロップ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。