クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳥用ケージ

 工藤です!
 3月26日のblogに関連して、本日は鳥用ケージに対するコメントを・・・。


 以前、ケージを新調しようとペットショップへ行った時のこと。たくさんケージは並んでいたのですが、欲しかったのは、家で使っているのと同じもの。
 でもこれが、なかなか、無いんですよね~!

 できれば同じ大きさで、同じ色で、底の引き出しサイズも同じものが良かったのです・・・。一番シンプルなケージと思っていたのに、そういうものに限って、もう取り扱っていなかったりするんですよね。

 同じHOEIで同じ大きさのケージでも、それぞれちょこちょこ造りが違っていて、買う時期によって、どこかここかが違いまして。

 入り口にストッパーが付いていたり、底に逃げ出し防止扉があったり、後ろにも出入り口(巣箱用)がついていたり・・・。

 ショップの方のお話によると、「新しいものはあちこち小技を効かせているけど、かえって使いずらい」とのこと。確かにねー。「カタログでお取り寄せしますよ」と親切に声をかけていただいたのですが、全部おそろいにするには、現在のケージがもったいないので、結局、一番似ているものを購入することにしました^^;。

 底のプラスチック部分もいろいろな色があるのですが、その時その時で手に入るものを買うものだから、結局全てバラバラの色になってしまいます(この時は、家でお初の、ピンク色~)。
 
 緑・水色・茶・ピンク・・・これは多数羽飼育者の宿命ですね!?

e 023
 キキョウちゃんのケージは一番古くて、15年越しの物!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。