クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さくらんぼ

昨日、野口先生からさくらんぼの差し入れを頂きました~
つやつやピカピカ、なんておいしそう!
早速大型インコたちに1コずつあげてみたら、ちょっといじって、
食べたのは4分の1くらいでしょうか?
最後は果汁をぺろぺろなめて、網の下に捨てていました。

無駄にしてごめんなさい!


IMGP1554.jpg


*さくらんぼをはじめ、ウメやリンゴなどバラ科植物の幼果や種子には青酸配糖体が含まれています。食べた後、消化管内で酵素の作用によって毒性の強いシアン化水素が生成され、中毒を起こします。このため、本によっては「タネは危険なので与えてはダメ」と書かれています。しかし、よほど大量でなければ中毒は起こりにくいのでご安心を。一般に中毒で有名なウメの場合でも、人ならウメの種を100個ほど食べなければ中毒にはなりません。こんな量は、なかなか食べられないですよね。ただ、鳥は人より体が小さいので、その分は考慮してあげてくださいね。その他、「与えてはダメ」と言われている果物や野菜もほとんどはこのレベルですので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。ただし、アボガドだけは別物です!少量でも中毒を起こしますので、絶対に与えないでください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。