クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヨウムの魅力

 クリニックで診察していると、飼い主さまからヨウムに関するさまざまなエピソードを伺います。「ヨウムは魅力的な鳥」とは、どの飼い主様もおっしゃること。多くの種類の鳥サンを飼育している方とも、話題になるのはダントツ!ヨウムのお話です。

 そして、我らが野口先生もヨウムが大好き!私がヨウムを診察していると、必ず見に来ます^^。「将来ヨウムが飼いたいけど、一軒家でないと無理かな~?」と言っています。大型インコに関しては、どうしてもそういうイメージがありますよね。広いスペースと防音対策。これは大型インコを飼うためのネックになっているようです。

 しかし!29歳・ヨウムのヨウちゃんを我が家へむかえてから約10ヶ月。その間、ヨウムについてイロイロな発見があったのですが、一番驚いたのは、声がものすごく静かだということ。地声は「ポーポー」と人がお話しする程度。その他発するのはすべて人語(と擬似音・ワインを注ぐ音とか^^)で、音量も低く、全く気になりません!キーキー鳴くボタンインコ達よりは、間違いなく静かです。

 そんなわけで、他の飼い主様にもれず、私もお勧めする鳥・ヨウムです。 y7.jpg
 「お勧めのインコだよ」

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。