クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鳥類臨床研究会

私にとっての一大イベント、第11回鳥類臨床研究会年次大会に行ってきました!この研究会は、本邦の鳥を診ている獣医さんたちが一堂に集まって、勉強する会なのです。今年も有名ドコロの先生が皆さん参加されており、沢山学びがありましたよ!会場には札幌夜間動物病院のU先生もいらしていて、久しぶりにお会いすることができました^^。

大会での発表・報告の内容は、鳥類に関する伝染病、代謝病から外科的疾患まで、幅広く網羅されておりました。本会アドバイザーである、酪農大の浅川先生(野鳥の寄生虫研究の第一人者)も大学での野鳥研究に関する取り組みを発表されていました。

他には、台湾の愛玩鳥生産の現状報告などもありましたよ。台湾の鳥繁殖の現場は、一般に懸念されているほど衛生状態の悪いものではなく、鳥インフルエンザの発生以来、防疫には力を入ているとのこと。もちろん、改善すべき点も多くあるとのことでしたが、すごく興味深いレポートでした。

また展示ブースには、鳥類の適正飼養に関する啓蒙活動を行っている団体「TSUBASA」も参加していましたよ。獣医師に向けても情報発信していただけるのは、とてもありがたいことです。


いろいろ盛りだくさんで、あっという間の2日間。来年も参加して、沢山の情報を札幌に持って帰りたいと思います。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。