クリニックのペットバードたち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

だいぶカメラにも慣れました

こんばんは、野口です。


文鳥という鳥さんは、普段あまり接していないモノが自分に近づいてくると、すごい勢いで逃げ出します。その勢いたるや、オカメインコのパニック時にも負けず劣らず399なのですが、体が小さくて軽いために出血などの大怪我に至ることも多くはなく、部屋中に脂粉や羽が飛び散ることもなく、振り回した翼で棚の上のフォトフレームが落ちる406こともなく、通常、鳥さんが一羽で暴れて、ハアハアと荒い息をついて終わることが多いようです(複数の文鳥さんがいるご家庭では大変な騒ぎになるのでしょうが・・・)。


自他共に被害が少ないという点ではいいのですが、飼い主という生き物は、共に暮らす生き物の写真を撮るのが大変に好きな場合が多く、共同生活者がカメラから逃げるというのはあまり歓迎できない事態でした。


そう、我が家の文鳥すくすくはカメラ代わりの携帯電話から逃げるため、写真が大変大変撮りにくかったのです!


そこで私は考えました。慣れぬなら慣らしてみせよう!


実際にやったことといえば、なるべく毎日、携帯をケージのそばに置いて、時々写真を撮ってはおやつをあげた程度ですが398


これがその成果です!


20071121001216.jpg


すくすくを手で持って至近距離で写真をとっても大丈夫です!以前すくすくが携帯に慣れていない頃、これをやろうとして「ゲーッ!ゲーーッ!!」と本気で怒られたことがあるのですが、もうそんなことにはなりません。


でも、最近は携帯電話にいたずらをするので困っています388どちらにしても困る運命らしいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。